【チャンピオンズカップ2016】予想。

G1予想
2016年12月4日(日)に中京競馬場で行われるG1チャンピオンズカップの予想です。

出走馬・枠順

  1 カフジテイク
  2 アウォーディー
  3 ブライトライン
  4 アスカノロマン
  5 ロワジャルダン
  6 モンドクラッセ
  7 ラニ
  
  8 サウンドトゥルー
  9 ノンコノユメ
10 メイショウスミトモ
11 コパノリッキー
12 ゴールドドリーム
13 ブライトアイディア
14 アポロケンタッキー
15 モーニン

 
 

予想

  
◎ モンドクラッセ
○ アスカノロマン
▲ コパノリッキー
△ モーニン
× アウォーディー
× ロワジャルダン

  

まず、今回はスローペース想定で予想しました。

  

モンドクラッセは未勝利でダートへ転向すると、大差の圧勝。そのスタイルは基本的に「逃げ」。

京都ダ1800mのように、どの競馬場よりも速い時計がでるようなコースでは、逃げ切るのは困難。実際に京都ダ1800mのみやこSでは、2年連続で馬券で絡んでいません。
それでも前走4着に粘れているのは、力をつけてきているととらえたいです。

  

今回のメンバーを見ると、生粋の逃げ馬は不在。
おそらくハナを切るのはモンドクラッセになると思います。

そして番手は枠の並びから見てアスカノロマンが濃厚と読みました。

  

アスカノロマンもみやこSで馬券に絡んでいないように、ペースが落ち着いた方が競馬はしやすいはずです。

となると、ここが喧嘩することはない。

  

そんなわけで、モンドクラッセーアスカノロマンの隊列になればスローペース濃厚。
前有利の展開になるとみました。

  

そしてモンドクラッセもアスカノロマンも共通しているのは、毎年みやこSで過去最高といえるくらいの馬体重で余裕の仕上げ。不向きな舞台なのはわかっているので完全に叩きとして使ってきています。

両者共にみやこSの次走はきっちり好走してきています。

なのでモンドクラッセを本命、前走ちょっと負けすぎなアスカノロマンを対抗としました。

  

気持ちよく行かせたらしぶといコパノリッキーを他馬が早めに潰しに行って、ハイペースになることも想像できます。
しかし、別にコパノリッキーは逃げなきゃいけない馬ではありません。揉まれなければ良いだけ。
外枠を引けてるので、砂を被らない位置で競馬ができれば前にはこだわらないはず。

  

去年2,3着だったノンコノユメとサウンドトゥルーは展開が向いただけと見て消し。

  

もしハイペースになれば、真逆の馬で決着すると思うので、当たるか当たらないかの2択だと思ってます。
ハイペース想定の方が多いと思うので、どんどん逆張りしていきたいです!

 
 


以上、はるきちのチャンピオンズカップの予想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする