【阪神カップ2016】データ・傾向。

2016年12月24日(土)に阪神競馬場で行われるG2阪神カップの過去10年のデータ・傾向を見ていきます。

スポンサードリンク

コース解説

%e9%98%aa%e7%a5%9e%e8%8a%9d1400m%e5%86%85
画像引用:KLAN.jp

向正面左の2コーナー出口付近のポケットからスタート。3コーナーまでは443m、最後の直線はBコースで359.1m。急坂もあります。

 
 

データ・傾向

ラップ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
引用:KLAN.jp

基本的に淡々とした流れで、過去7年は前傾ラップになっている。1年が前半3F-後半3Fフラット、残り2年はわずかに後傾ラップ。

少しでも後傾ラップになると、Bコース替わりということもあり前残りになります。

 
 

脚質

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

脚質はもうペース次第。

逃げ馬が馬券に絡んでいる2年は、ラップのところで書いたようにほんの少し後傾ラップになった2年。

少しでも前傾ラップになると、やはり差し馬が台頭してきます。前半33秒台の超ハイペースになると追い込み決着。

鍵を握るのはおそらく逃げるであろうミッキーアイルですね。鞍上が浜中騎手ということはめちゃくちゃ早いペースにはならないはず。最初の3Fは34秒台でしょうかね。好位で差せる馬を中心に考えていきたいです。

 
 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

7枠有利。ほぼ毎年のように絡んでいますね。外枠が良く見えます。

 
 


リピーターレース

過去のレースを一通り見た方ならご存知の通り、阪神カップはリピーター性が非常に強いレースです。

阪神芝1400mは特殊なコースだと思っているので、巧者がいるんですよね。

去年の1,2着馬のロサギガンティア・ダンスディレクターには注意したいです。

 
 

各平均値

平均単勝配当  990.0円
平均複勝配当  470.7円
平均枠連配当  2473.8円
平均馬連配当  6728.1円
平均馬単配当  12880.5円
平均3複配当  45004.0円
平均3単配当  224355.0円

なかなかの高配当。この舞台の巧者を見極めたいですね♡

 
 


以上、阪神カップのデータ・傾向を調べてみました。予想の参考にどうぞ。

 

もっと色々なデータが見たい!という方はKLAN.jpに無料登録で詳しく見れますよ♡

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする