【ジャパンカップ2016】データ・傾向。

G1データ
2016年11月27日(日)に東京競馬場で行われるG1ジャパンカップの過去10年のデータ・傾向を見ていきます。

特別登録馬

アルバート 牡5 57.0 [東]堀
イキートス 牡4 57.0 [外]グリュー
イラプト 牡4 57.0 [外]グラファール
キタサンブラック 牡4 57.0 [東]清水久
ゴールドアクター 牡5 57.0 [東]中川
サウンズオブアース 牡5 57.0 [西]藤岡
シュヴァルグラン 牡4 57.0 [西]友道
ジャングルクルーズ セ7 57.0 [東]藤沢和
ディーマジェスティ 牡3 55.0 [東]二ノ宮
トーセンバジル 牡4 57.0 [西]藤原英
トーホウジャッカル 牡5 57.0 [西]谷
トウシンモンステラ 牡6 57.0 [西]村山
ナイトフラワー 牝4 55.0 [外]シールゲン
ヒットザターゲット 牡8 57.0 [西]加藤敬
ビッシュ 牝3 53.0 [東]鹿戸
フェイムゲーム セ6 57.0 [東]宗像
ラストインパクト 牡6 57.0 [西]角居
リアルスティール 牡4 57.0 [西]矢作
ルージュバック 牝4 55.0 [東]大竹
レインボーライン 牡3 55.0 [西]浅見
ワンアンドオンリー 牡5 57.0 [西]橋口

 
 

コース解説

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e8%8a%9d2400m
画像引用:KLAN.jp

正面スタンド前からスタートして平坦のホームストレッチを走り、ゴール板を一度通過してぐるっと一周するコースです。1~2コーナーはほぼ平坦で、約450mある長いバッグストレッチを通り、3コーナー手前で緩い上り坂に入ります。4コーナーにかけて坂を下り、最後の直線で高低差2.1mの坂を上ります。最後の直線距離は525.9m。今回はAコースから6m外に内柵が設置されたCコースが使用されます。

 
 

データ・傾向

ラップ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
引用:KLAN.jp

基本的にスローペースで、最後の直線勝負になります。

2013年なんかは1000m通過が1:02.4という超どスローで、逃げ馬がいないとこんなレースになることも。

今回のペースの鍵を握るのは、逃げるであろうキタサンブラックですね。

 
 

脚質

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

逃げ馬は壊滅的。

しかし、キタサンブラックほどの逃げて安定した成績を残している馬がいなかったということもあるので、このデータが覆ることは十分あると思います。この馬強いでしょ。

勝率が一番高いのは差し馬。直線も長いので、決めて勝負となると、中団で脚を溜めていた馬が差し切ってしまいますね。
 
 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

直線も長くゆったりしたコーナーの東京芝2400mというコースなので、枠順の有利不利はそこまで大きくはありません。

しかし、やはりフルゲートで大外枠からのスタートとなると少し厳しそう。

内目の枠が有利に見えますね。

 
 

性別

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ジャパンカップの特徴である「牝馬が有利」というデータ。

もっと言うと、
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
「牝馬」「差し馬」は要注意!

先行して馬券に絡んでいるのはジェンティルドンナとウオッカ。彼女たちは牡馬相手でも蹴散らしてきた牝馬なので、ノーカンと考えます。

そうなると、スローの決めて勝負になりやすいジャパンカップでは、鋭い末脚が武器の牝馬なら牡馬相手でも十分太刀打ちできるということ。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
画像は左からショウナンパンドラ、ブエナビスタ、レッドディザイアで、一番上がジャパンカップのときの上り3Fと近5走の上り3F。やはり鋭い末脚が目立ちます。
 
 
今回参戦する牝馬はルージュバック、ビッシュ、[外]ナイトフラワーの3頭。

ナイトフラワーは外国馬なので数字ではわかりませんが、ルージュバックとビッシュの近5戦は、
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
どちらも十分戦えると思います。怖い2頭ですね。

 
 

前走

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ほとんどが前走天皇賞(秋)。4着以下からの巻き返しも多々あるので、天皇賞(秋)組は全体的に軽視は禁物です。

 
 

各平均値

平均単勝配当  958.0円
平均複勝配当  323.7円
平均枠連配当  2048.0円
平均馬連配当  3354.0円
平均馬単配当  7342.0円
平均3複配当  18845.0円
平均3単配当  82608.0円

意外と配当は低め。去年こそ2着に7人気が絡みましたが、基本的に4,5人気あたりで決まっているイメージです。

 
 


以上、G1ジャパンカップのデータ・傾向を調べてみました。予想の参考にどうぞ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする