【マイルチャンピオンシップ2016】データ・傾向。

G1データ
2016年11月20日(日)に京都競馬場で行われるG1マイルチャンピオンシップの過去10年のデータ・傾向を見ていきます。

特別登録馬

イスラボニータ 牡5 57.0 C.ルメール 栗田博
ウインプリメーラ 牝6 55.0 A.アッゼニ 大久保
ガリバルディ 牡5 57.0 福永 藤原英
クラレント 牡7 57.0 岩田 橋口
サトノアラジン 牡5 57.0 川田 池江
サトノルパン 牡5 57.0 M.デムーロ 村山
サンライズメジャー 牡7 57.0 四位  浜田
スノードラゴン 牡8 57.0 大野 高木
ダコール 牡8 57.0 小牧 中竹
ダノンシャーク 牡8 57.0 福永 大久保
テイエムタイホー 牡7 57.0 幸 鈴木孝
ディサイファ 牡7 57.0 武豊 小島太
ネオリアリズム 牡5 57.0 R.ムーア 堀
フィエロ 牡7 57.0 戸崎 藤原英
マジックタイム 牝5 55.0 A.シュタルケ 中川
ミッキーアイル 牡5 57.0 浜中 音無
ヤングマンパワー 牡4 57.0 M.バルザローナ 手塚
ロードクエスト 牡3 56.0 池添 小島茂

コース解説

京都芝1600m(外)
画像引用:KLAN.jp

向上面の2コーナーポケットからスタートし、向上面半ばから徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎えます。3コーナーまでの直線は約700m。4コーナーにかけて下っていき、最後の直線は平坦で距離は399m(Cコース)。

データ・傾向

ラップ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
引用:KLAN.jp

2015年、2011年、2009年、2006年は中間に12秒台のラップが入りましたが、基本的に11秒台で淀みない流れが続きます。

今年の特別登録馬を見てみると、近走逃げているのはウインプリメーラ、サンライズメジャー、ディサイファ、ネオリアリズム、ミッキーアイルの5頭。

ウインプリメーラやディサイファは逃げ馬というわけではないし、ネオリアリズムの札幌記念はルメール騎手の作戦逃げ。四位騎手と京都1600mを走ったときは必ず逃げているサンライズメジャーが今回も行くかどうかですが、こんな記事もあるので行かないかな?

となるとミッキーアイルが逃げる可能性が高いですが、競る馬がいなければ12秒台が入るペースにもなりそうですね。

脚質

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

逃げ馬で馬券に絡んだのは2009年のマイネルファルケ(14人気2着)の1頭。残れたのは道中12秒台のラップが入るような少し緩んだペースかつ直線に入っても楽々先頭に立っていたからじゃないかなと思います。

同じような展開で2013年のコパノリチャードも4着と惜しかったので、逃げ馬は展開次第な気もします。

馬券の中心は差し馬でしょうか。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

4枠が好調に見えがちですが、4枠の平均が6.6人気と人気馬が多く入っていることもあるので、実際には枠順による有利不利はそこまで大きくなさそうです。

むしろ1枠や3枠が平均人気が低いにも関わらずそれなりに複勝率も高いため、若干内枠有利か。

今週からBコースからCコースに変わるので、先週のように内がダメという感覚は持たなくて良さそうです。

ちなみにマイルチャンピオンシップがCコースで行われるようになったのは2007年から。

2006年は1着5枠・2着4枠・3着8枠なので、やはり内は良さそう。

年齢

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

今回の3歳馬(ロードクエスト)に向けてのデータ!

古馬との斤量が1kg差なので、3歳には厳しいデータがあります。

前走の富士ステークスよりも斤量差はなくなりますし、さらにマイルG1常連のメンバーがそろってどこまで通用するかですね。

人気するようなら思い切って切るのもあり。関西圏への初輸送ということもあり、私は思い切って完消し予定です。
→ロードクエストは11/3に栗東入りして滞在調整とのことでした。(

各平均値

平均単勝配当  1202.0円
平均複勝配当  325.0円
平均枠連配当  1651.0円
平均馬連配当  4736.0円
平均馬単配当  10565.0円
平均3複配当  17484.0円
平均3単配当  122923.0円

2桁人気が絡むことがあったり、1~3人気が全部飛ぶ年もあったりと、比較的に荒れるレース。

2013年こそ1~3人気で決まったものの、基本的に人気サイド決着は少ないので、ここは高配当を狙っていきたいですね。


以上、マイルチャンピオンシップのデータ・傾向を調べてみました。予想の参考にどうぞ。




2017年3月21日データ・傾向G1, データ・傾向, マイルCS

Posted by はるきち