【日経賞2017結果・回顧】シャケトラが初重賞制覇!

G2回顧 日経賞 シャケトラ ミライヘノツバサ アドマイヤデウス
2017年3月25日(土)に中山競馬場でG2日経賞が行われました。

そんなG2日経賞の回顧です。

結果・払い戻し

結果
キャプチャ

払い戻し
キャプチャ

予想結果

◎ アドマイヤデウス
  → 6人気 3着 複勝570円

予想記事はこちら

直線向いたときは厳しそうに見えましたが、最後ひと伸びがありましたね!とってもかっこよかったです♡
ただ相手がおらず馬券は当たりませんでした(笑)
誰かのお役に立てていれば嬉しいのですが…。


回顧

6.9 – 11.412.312.312.212.912.512.212.011.911.811.812.6

ヤマカツライデンがレースを引っ張りました。

1着はシャケトラ。位置取りは中団やや後ろでしたが、徐々にポジションをあげていき外から差し切り勝ち。1頭だけ次元の違う脚でしたね。ただの過剰人気馬だ!なんて思っていましたが(私の悪い癖)これからは逆らえないかな^^;強かったです。

2着はミライヘノツバサ。単独2番手でレースを進めました。4コーナーで先頭に立つと、そのまま2着を死守しましたね。中山で馬券内を外したのは皐月賞のみで、かなりの中山巧者ですね。充実してきてる時期だと思いました!

3着はアドマイヤデウス。3番手でレースを進めました。外にずっとゴールドアクターがいたのが嫌でしたねー。最初ゴールドアクターに先に抜け出され離されましたが、鞭を入れたら伸びて3着。もうかっこよくて感動しました。G2以下は本当に安定。まだまだ元気です。

1人気のゴールドアクターは5着。さすがに前哨戦でも戦歴から見て力上位かと思いましたが、衰えがありますね。去年もジャパンカップは馬券内を外して有馬記念で仕上げてきたように、前哨戦はほんとに叩き、本番で仕上げてくるようになってくるでしょうね。

レインボーラインディーマジェスティはいい馬ですね。レインボーラインはゆったりと4コーナー回れるようなコースのほうが良いと思ったし、ディーマジェスティはもう少し早めに動いても行けると思いました。

騎手・陣営コメント

1着 シャケトラ(田辺裕信騎手)
「1週前の調教で乗せてもらった時に良い馬だと思っていました。ゲートがもうひとつで、ポジションが後ろになりましたが、全馬を見ながら、人気馬を意識しながら、この馬のリズムを壊さないよう騎乗することが出来ました。距離も問題ないと思いますし、どんな競馬もできると思います。まだ伸びしろがあるので頑張りたいです」

2着 ミライヘノツバサ(藤岡佑介騎手)
「逃げた馬が1コーナーからジワジワとペースを上げて絶好の展開になりました。4コーナーでゴールドアクターを振り切った時には勝ったと思いましたが、シャケトラがあれほどの脚を使うとは…。乗りやすい馬で力をつけています。距離は長くてもいいのですが、中山のコースが合っているようです。中身のあるいい競馬でしたが、あそこまでいったら勝ちたかったです。悔しいですね」

5着 ゴールドアクター(吉田隼人騎手)
「今日は絶好の展開でしたが、全く走りませんでした。追ってからの反応がありませんでした。去年休養してから調子が戻ってきません。有馬記念の時より走っていません。何故なのかよくわかりません」

6着 ディーマジェスティ(蛯名正義騎手)
「勝ち馬が馬なりで上がって行ったときに動けず離されました。休み明けで体が立派だったという面はありますが、精神的にナイーブになっている感じがします。ポテンシャルはあるのに、馬自身に何か気になるところがあるのかもしれません」

出典:【日経賞】(中山)~シャケトラが末脚を発揮して重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

岩田騎手(アドマイヤデウス=3着)「もうちょっとためて行ったら2着はあったかもしれないけど、位置を取りに行ったからね。勝負どころで取り付くのにもたついたし、ワンパンチ足りないところはあるけど、しぶとく伸びていた」

出典:【日経賞】一昨年の覇者アドマイヤデウスが復調示す3着 : スポーツ報知

Mデムーロ騎手(レインボーライン=4着)「ついてなかった。内を突いたけど狭くなってしまった。スムーズならもっと切れたし、もっと上の着順だったんじゃないかな」

出典:【日経賞】ミルコ騎乗の2番人気レインボーラインは4着 : スポーツ報知

 津村騎手(ヤマカツライデン=7着)「(逃げて)4コーナーで早めに来られて苦しくなったが、自分の競馬はできた」

 柴田大騎手(マイネルサージュ=8着)「いい感じで運べていたけど、思ったほど伸びなかった」

 内田騎手(ジュンヴァルカン=9着)「スタートを出ていかなくて、後ろからの競馬になってしまった」

 吉田豊騎手(ツクバアズマオー=11着)「ある程度の位置で運んでくれという指示。アドマイヤデウスの後ろを取れたけど、最後は苦しくなってしまった。2500メートルは若干長いのかもしれない」

 戸崎騎手(フェルメッツァ=12着)「乗りやすい馬だった」

 大野騎手(マイネルメダリスト=15着)「追い出してから、うまくかみ合わなかった」

 江田照騎手(プランスペスカ=16着)「勝負どころから反応がなかった」

出典:【日経賞】5番人気ジュンヴァルカンは出遅れ最後方から9着 : スポーツ報知


以上、G2日経賞の回顧でした。





「はるきちの穴馬ゼミナール」

LINE@はじめました!
ブログの更新通知をお届けします☆


友だち追加

~2017年的中実績~

1月8日(日) G3フェアリーステークス
◎ライジングリーズン 10人気1着
単勝3600円 複勝660円

1月22日(日) G2東海ステークス
◎モルトベーネ 12人気2着
複勝1160円

2月26日(日) G3阪急杯
◎トーキングドラム 7人気1着
単勝2570円 複勝980円

2017年重賞トータル成績(~4/9)
単勝回収率150% 複勝回収率142%
すべて無料で公開中☆
ブログランキングや有料予想サイトへの誘導は一切ございません(過去ブログを見てみたらわかります♪)
荒れたときこそ取りたい!そんなあなたのお役に立てますよ♪


友だち追加

※通知を受け取るだけでしたらこちらにアカウント情報は来ませんのでご安心ください。
※メッセージを頂けたら個別対応はできませんが、ブログでご紹介させていただくことがあります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする