【中京記念2017予想】前走から斤量減、適条件のここで狙う◎

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの女子大生(ラスト)。 渋谷ウインズが産んだ穴党娘。複数の的中より1発の回収を狙うスタイル。

2017年7月23日(日)に中京競馬場でハンデ重賞G3中京記念が行われます。

いよいよサマーマイルシリーズが開幕ですね!
中京記念関谷記念形成杯AHと続くサマーマイル戦。
各馬どこを目指しているのか?そんなことも考えながら予想していきたいと思います。

中京記念2017予想

◎ ピークトラム

本命はピークトラムにしました!

中京マイルは(1.1.0.0)と連対率100%という相性の良さ。
この淡々と流れるペースが向いているんじゃないかなと思います。

その2着は去年の中京記念。1着,3着馬は追い込んできた馬で、先行して唯一馬券内に残ったのはピークトラムのみ。カナリ力をつけてきたなーと、去年は感じていました。

近走の成績は不振ですが、そもそも斤量58kgはこの馬にとっては重い。57kgですら安定しない成績でした。
京都金杯では56kgで18着と大敗していますが、このときの京都は開幕週で超内前有利。外枠で後方からになったピークトラムが勝てるはずもありません。

こんな感じで馬柱が汚れてきたところで適条件の今回。去年と同じ56kgで走ることができますし、同じく谷川岳Sを使ってからのローテ。また、去年はサマーマイル戦全て参戦していますが、結果を残したのが中京記念のみということになると、今年はここをメイチにしてきている可能性はあるんじゃないかな。


対抗はダノンリバティ
去年は5着でしたが、だいぶ掛かっての5着なのでスムーズなら強そう。

時点はマイネルアウラート
57kgっていうのがどうも4着くさいですが、差す競馬もできると思うのでハマれば面白そう。

買い方はピークトラムの単勝+相手2頭どちらかへ馬連。どっちを選ぶかは直前まで悩みます…。

競馬雑誌・本読み放題