【共同通信杯2017】データ・傾向。

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの女子大生(ラスト)。 渋谷ウインズが産んだ穴党娘。複数の的中より1発の回収を狙うスタイル。

2017年2月12日(日)に東京競馬場で行われるG3共同通信杯の過去10年のデータ・傾向を見ていきます。

目次だよ♡見たいところに飛んでね

特別登録馬

アサギリジョー 牡3 56.0 [東]相沢
エアウィンザー 牡3 56.0 [西]角居
エテレインミノル 牡3 56.0 [西]北出
エトルディーニュ 牡3 56.0 [東]小桧山
コマノレジーナ 牝3 54.0 [東]菊川
サイバーエレキング 牡3 56.0 [地方]佐々洋
スワーヴリチャード 牡3 56.0 [西]庄野
タイセイスターリー 牡3 56.0 [西]矢作
チャロネグロ 牡3 56.0 [東]大和田
ディアシューター 牡3 56.0 [東]高木
ハナレイムーン 牝3 54.0 [東]堀
ビルズトレジャー 牝3 54.0 [東]田中剛
ムーヴザワールド 牡3 56.0 [西]石坂
ヴェルラヴニール 牡3 56.0 [東]加藤征
 
 

コース解説

東京芝1800m
画像引用:KLAN.jp

1~2コーナーの間にあるポケットからスタートします。斜めに横切って向上面の直線に合流。その距離は約150mです。3コーナー手前で緩い上り坂になり、3~4コーナーにかけては下り坂になっています。最後の直線では高低差2.1mのなだらかな上り坂を上り、直線距離は525.9mと新潟外回りコースに次ぐ長さとなっています。

 
 

データ・傾向

ラップ

キャプチャ
引用:KLAN.jp

ショウナンアクロスが大逃げを打った2008年を除けば、基本的にはスローの後傾ラップ。
このコース自体、前半・後半のペースが緩く、後半3Fの上り勝負になりやすいコースでもあります。
重賞といえど3歳重賞、しかも逃げ馬不在ですので、大逃げの策を打つ馬がいない限りスローペースで進むんじゃないかなと思います。

 
 

脚質

キャプチャ

先行馬の活躍が目立ちますね。ペースを考えたら当然こうなると思います。
差し・追い込み馬を狙うなら、直線向いた時点で勝負になるような位置にいてくれないとなかなか前の馬は差せないんじゃないかなと思います。
キャリアの浅い3歳馬なので、展開を読むのがなかなか難しいですが、後ろでどーんと構えるような馬は軸にはしたくないですね。

 
 

キャプチャ

大外枠は厳しく感じます。
平均人気が一番高いのに対して平均着順は一番悪いです。この枠に人気馬がはいったらちょっと評価を下げたいですね。

 
 


キャリア

キャプチャ

キャリア2戦~5戦の馬が中心ですね。
1,2戦で判断するのはなかなか難しいですけど、きちんとレースを振り返って分析することが大切。私も今回は全頭分析やろうかなって思っています。就活の予定が入らなければですが…。金曜日までには更新したいです。

 
 

各平均値

平均単勝配当  785.0円
平均複勝配当  290.3円
平均枠連配当  1213.0円
平均馬連配当  2771.0円
平均馬単配当  6473.0円
平均3複配当  14324.0円
平均3単配当  100883.0円

3連複の平均配当が高めですね。
人気通りに決まる年もあれば、去年のように1,2番人気が飛ぶ年もあるので、今年はどっちに転ぶかな~?

 
 


以上、共同通信杯のデータ・傾向を調べてみました。予想の参考にどうぞ。

 

もっと色々なデータが見たい!という方はKLAN.jpに無料登録で詳しく見れますよ♡