G1でも安定してきたこの馬に◎【宝塚記念2017予想】

G1宝塚記念

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの女子大生(ラスト)。 渋谷ウインズが産んだ穴党娘。複数の的中より1発の回収を狙うスタイル。
G1宝塚記念

2017年6月25日(日)に阪神競馬場でG1宝塚記念が行われます。

G1・5勝のキタサンブラックをはじめ、香港ヴァーズを制したサトノクラウンなどが出走します。

そんなG1宝塚記念の予想です。

出走馬・枠順

馬番 馬名 性齢 騎手 斤量
1 ミッキーロケット 牡4 和田竜二 58
2 ゴールドアクター 牡6 横山典弘 58
3 スピリッツミノル 牡5 幸英明 58
4 クラリティシチー 牡6 松山弘平 58
5 シュヴァルグラン 牡5 福永祐一 58
6 シャケトラ 牡4 C.ルメール 58
7 レインボーライン 牡4 岩田康誠 58
8 ミッキークイーン 牝5 浜中俊 56
9 ヒットザターゲット 牡9 川田将雅 58
10 キタサンブラック 牡5 武豊 58
11 サトノクラウン 牡5 M.デムーロ 58


予想

◎ シュヴァルグラン

本命はシュヴァルグランにしました!

前走の天皇賞・春ではキタサンブラックには負けたものの、サトノダイヤモンドに先着。
2200mは距離が短いという不安要素はありますが、近走の充実ぶりを見るとこのメンバーでも能力は上位だと思います。

また、G1は(0.1.2.2)。勝ち星はないものの、非常に安定してきました。
着外の2戦は昨年の宝塚記念と有馬記念。
昨年の宝塚記念は内で詰まって完全にブレーキがかかってしまっていました。
有馬記念は4コーナーのロスが大きかったと思います。
スムーズな競馬なら中距離でも通用するはず。

キタサンブラックはカナリ強敵ですが、その他の馬には劣るとは思いません。
それなのに5人気は舐められすぎ。
特に58kgのG1となるとパフォーマンスを落とす馬も多いですが、この馬は同斤量でG1での実績があるのも心強いです。

シュヴァルグランの単勝と、キタサンブラックとの馬連1点で勝負します。


以上、はるきちの宝塚記念の予想でした。




「はるきちの穴馬ゼミナール」
LINE@はじめました!
ブログの更新通知をお届けします☆


友だち追加

~2017年的中実績~

1月8日(日) G3フェアリーステークス
◎ライジングリーズン 10人気1着
単勝3600円 複勝660円

1月22日(日) G2東海ステークス
◎モルトベーネ 12人気2着
複勝1160円

2月26日(日) G3阪急杯
◎トーキングドラム 7人気1着
単勝2570円 複勝980円

2017年重賞トータル成績(~4/9)
単勝回収率150% 複勝回収率142%
すべて無料で公開中☆
ブログランキングや有料予想サイトへの誘導は一切ございません(過去ブログを見てみたらわかります♪)
荒れたときこそ取りたい!そんなあなたのお役に立てますよ♪


友だち追加

※通知を受け取るだけでしたらこちらにアカウント情報は来ませんのでご安心ください。
※メッセージを頂けたら個別対応はできませんが、ブログでご紹介させていただくことがあります♪