【天皇賞(秋)2017】豪快な差し切りに期待して……

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの女子大生(ラスト)。 渋谷ウインズが産んだ穴党娘。複数の的中より1発の回収を狙うスタイル。

2017年10月29日(日)に東京競馬場でG1天皇賞(秋)が行われます。

天皇賞(秋)予想

◎レインボーライン

本命は◎レインボーラインにしました!

去年は初めての古馬との戦いとなった札幌記念で3着。その後菊花賞2着、強豪ぞろいのジャパンカップで6着と奮闘しました。

札幌記念は洋芝で稍重という、通常の稍重以上にタフな馬場であった考えられます。また今年の宝塚記念は5着でしたが、このときも雨でタフな競馬。きちんと掲示板は確保してるあたり、重たい馬場は苦にしないタイプです。

良馬場希望の馬が多い中で、ちゃんと重馬場を走れるという点だけでプラスに評価したい。

脚質を考えても東京に替わるのはプラス。宝塚記念では早めに動かないと届かないと判断したのか4コーナーでぐいっと大外から押し上げたぶん、最後はミッキークイーンなどの方が良い末脚を使っていました。が、この馬もちゃんとスピードには対応できています。

岩田騎手自身もあんまり追い込む馬は得意じゃないのかな?って感じましたが(データまで出してないので完全に主観です)、東京替わりで直線も長くなれば早めに動くことはなさそう。あとはどれだけ良いタイミングで追い出して、届くかどうか。

小さい馬なので58kgはどうかなって一瞬思いましたが、宝塚記念のVTR見る限りやれると思いました。陣営は斤量克服が鍵と思っているようですが、問題ないんじゃないかな。本当に届くかどうかだと思います。

堀厩舎2頭と共に応援します◎